【注意】なぜWhite Houseはwhiteにアクセント?名詞句と複合語の区別の秘密。

The following two tabs change content below.

Taiga

英語講師 / TOEIC975・英検1級・CAE・TOEFL iBT 104・TESOL / 青学 英米文学科⇨立教 異コミュ研究科 / 英語教育学専攻 / 語彙習得を研究中

こんにちは。英語講師のTaigaです。

White House(かの有名なホワイトハウス)とwhite house(白い家)では発音が違うのを知っていましたか?

今日は、アクセント (発音で強く読まれる部分)によって意味が変わる英語についてです。

前提知識:複合語とは?

アクセントと意味の関係のお話をする前に、前提として複合語について説明します。

White Houseも複合語の例ですが、複合語の簡単な定義は、「2つの単語が連続して成り立ったもの」です。

通常、2番目の単語が複合語の意味の核として機能し、もう片方がそれを分類する役割を果たします。

例:desk computer (デスク用のPC) はコンピュータの種類を、computer desk (PC用の机) はデスクの種類を表している。

注意が必要な複合語

注意が必要なのは、単なる「形容詞 + 名詞」= 名詞句のセットとしても使える上、複合語として別の意味も持つタイプの言葉です。

例えば、white houseは単なる「白い家」という名詞句ですが、複合語のWhite Houseは「アメリカ大統領官邸」となります。

これらを発話する時に区別するのがアクセントです。

なぜWhite Houseはwhiteにアクセント?~名詞句と複合語の区別~

結論、名詞句の場合は後半の名詞の部分にアクセントが置かれ、複合語の場合は前半部分にアクセントが置かれます。

Taiga

例えば名詞句のwhite houseはhouseを強く言い、複合語のWhite HouseはWhiteを強く言うという事です。

※厳密には、White Houseにはtheが付く事も重要です。

その他の例としては下記があります。強く読む箇所を太字にしてあります。

green house (緑の家) vs. greenhouse (温室)
black board (一般的な黒い板) vs. blackboard (学校の黒板)
high chair (高い椅子) vs. high chair (レストラン等にある子供用の椅子)

このように、アクセントによって意味が変わる言葉があるので、知っておくとさらに精度の高い英語使用者になれるでしょう。

おすすめの英単語・英語表現の学習方法

紹介した例の中に、初めて聞く表現がある方もいると思います。

新しい英語表現を覚える時、何回、どんな間隔で復習した方が良いのでしょうか?

実は言語習得の分野で明らかにされている、科学的な復習のペースや方法が存在しています。

下の記事でその概要と、具体的な学習手順を分かりやすく説明しています。