移動時間にできる英語勉強法7選。目標に一気に近づくスキマ時間の使い方とは?

移動時間の英語勉強方法サムネ

The following two tabs change content below.

Taiga

英語講師 / TOEIC975・英検1級・CAE・TOEFL iBT 104・TESOL / 青学 英米文学科⇨立教 異コミュ研究科 / 英語教育学専攻 / 語彙習得を研究中

移動時間に勉強すべき理由と、移動中にするべき英語の勉強方法7つを解説します。

移動時間に英語を勉強すれば勝ち組

移動時間、多くの人は勉強しません。

例えば電車なら寝ている人や音楽を聴きながらボーッとスマホを触っている人が多いと思います。

Taiga

その時間で勉強する習慣をつければそれだけで差別化。勝ち組です。

例え移動時間の内の10分だけ勉強したとしても、365日後には60時間以上の学習を積み上げた事になります。

週に1回、30分オンラインレッスンを受けて満足しているだけでは1年で24時間ほどの学習ですので、移動時間だけで大きな差を生めるのです。

移動が滅多に無い場合

この記事は移動時間がある事を前提に書いています。

しかし移動する事が無いという方も、休憩時間やスマホを何も考えず触っている時間が少しはあるはずです。

そういったスキマ時間から1日10分だけ英語に使う事を徹底するだけで、目標達成に近づきます。

目標を決める

Taiga

目標が無い方は、無理矢理でも決める事で勉強が継続しやすくなります。

目標は「3年以内に海外ドラマを字幕なしで見れるようになる」といった定性目標 = ぼんやりした目標

「1年以内にTOEICで700点を取る」などの定量目標 = 数字ベースの目標のどちらも掲げると良いでしょう。

では具体的に移動時間やスキマ時間での英語勉強方法を説明します。

移動時間の英語勉強方法

下の7つ全てをいきなり始める必要はありません。

大事な事はこの内1つでも良いので、毎日続ける事です。

自分にとって出来るだけストレス少なく取り組めるものから極める事で、努力の天才を目指しましょう。

①洋楽を集中して聞く

音楽を聴くのであれば、目を休ませたまま出来るので朝でも行いやすいです。

聞き流すだけでなく、何と言っているか聞き取ろうとするのがポイント。

Taiga

余裕があれば歌詞を見て、答え合わせするとさらに良いです。

楽しく続けられる自分が好きなジャンルの歌で行いましょう!

聞き取りやすいおすすめのアーティストと一押しの一曲を貼っておきます。

②1日1つTED talk

私の意見ではリスニングの難易度は以下の3つに分かれると思います。

難易度(低) : 1対1でゆっくり会話
難易度(中): ネイティヴのスピーチ
難易度(高): ネイティヴ同士の会話

この内、移動時間に取り組むのは中級のネイティヴのスピーチがおすすめ。

ある程度の速さを残しつつ聞き手に伝わりやすいようにハッキリ発音してくれるため良い練習になります。

Taiga

具体的には、各業界で成功している方のスピーチを無料で見れるTED talkがぴったりです。

【TED talkのYouTubeチャンネルへのリンク】

通信の関係で外で動画を再生したくない方は、移動時間は他の事をしましょう。

③1冊の単語帳を制覇

毎日必ずチェックする単語帳があれば、移動時間の英語勉強が習慣化しやすいです。

移動時間の英語勉強法:単語帳

↑まずは単語数が少ないもの(1000~2000単語)を選び、1冊全て覚える事を目標にすると素晴らしい結果に繋がります。

Taiga

電車が混んでいて単語帳を開きづらい時は単語帳の音声を再生するだけでも効果的。

なので、TOEIC金のフレーズのような、音声も無料でダウンロード出来る単語帳がおすすめです。

④英語で情報収集をする

ニュース確認や業界研究を英語ですると、“英語を使う”力が伸びるのでおすすめです。

Taiga

例えば私はNew York Timesのメルマガを購読しています。

種類がたくさんあるのですが、私はアジアの情報が多めの平日のみのメルマガを選びました。(以下の写真)

移動時間の英語勉強方法:new york timesのメルマガ

重要なニュースの要約で、スマホ10スクロールくらいでレベル感的にはこんな感じです↓

移動時間の勉強方法:NYTメルマガ内容

無料で世界中の出来事を把握出来るので便利。New York Timesメルマガ一覧のページはこちらです。

また、気になった事を日本語と英語の両方で検索する事で国による考えの違いを楽しむのも良いでしょう。

⑤日記や文章作り

インプットだけでなく、覚えた事を元にアウトプットする練習も重要です。

具体的には仕事についての話や日記などを英語で書くのがおすすめ。

Taiga

私はこれをネタ帳と呼んでいて、作った文章を丸暗記する事でだんだん英語が話せる様になりました。

ちなみに今は”英語→スペイン語”でこれに取り組んでいます↓

移動時間に英語を勉強する方法:作文メモ

その時に単語帳やリスニングで知った単語を無理矢理でも使うと、新しい知識が定着しやすいです。

私の場合その文章を見ずに言えるように

行きの電車で文章作成➡︎帰りの電車で暗記➡︎次の日の行きの電車で再度復習➡︎次の文章作成➡︎週末にまとめて再度確認

という流れで覚えて英会話に活かしました!慣れるまで大変ですが確実に効果が出ます。

⑥Hello Talk

⑤は自分1人で完結する、いわゆる英会話のイメトレでした。

それだけでなく双方向的なコミュニケーションで実践練習する事で、自分のミスに気づけたり、思いつかない表現を盗む事が出来ます。

Taiga

そのためにオススメなのがHello Talkというアプリ。

移動時間に出来る英語勉強:Hello Talk

“言語学習の交換”が出来るアプリで、例えば日本語を学びたい、英語ネイティヴとチャットで話します。

そのお喋りを通してこちらは英語を学び、お礼に時に日本語を、英語で教えてあげるという仕組みです。

⑦オンライン英会話の復習

7つめの移動時間に出来る英語勉強は、オンライン英会話の復習です。

私の場合は以下のように、新しく学んだ事をスマホで見れるメモ機能にまとめていました。

移動時間に出来る英語勉強:オンライン英会話の復習

例えば英語で言いたくても言えなかった事を先生に教えてもらったり自分で調べて、それを自己テストします。

Taiga

オンライン英会話は、このような復習をする事で抜群に効果的な勉強になります。

無料体験を行っている所がほとんどなので、オンライン英会話を活用していないのは正直もったいないです。

もしまだ始めていない方は、下の記事でそのメリットやおすすめのプラットフォームを確認して下さい。

英語学習ですべき事の全体像は下の記事で確認できます。